黒たまサンの積みゲータワー攻略日記

積んだままプレイされない、新旧ゲームソフトたちを楽しくレビューしていきます

忍者バトルとは、一撃必殺のシビアな戦いだった!ファミコン『影の伝説』 レビューの巻

数百を超える未プレイゲームソフトが積み上げられてできた、恐るべきタワーがあった。

 

f:id:mitsumamegamer:20190528204442j:plain

 

その名を《積みゲータワー》!

決して攻略サイトは参照しまいと心に誓いながら、それでもチラ見してしまう自分を誤魔化し、今宵も長ったらしいレビューは繰り返される・・・。

 

 

という訳で始まりました〜《積みゲータワー攻略日記》

今回チャレンジしてみるソフトは・・・コレ!

 

 

《影の伝説》

 

発売年:1986

ジャンル: アクションゲーム

フォーマット:ファミコン

発売元:タイトー

 

f:id:mitsumamegamer:20190601060956j:plain

ファミコンカセットに付いているイラストを見るだけで、大まかなストーリーが分かってしまいますにゃ。だが、それが良い!

 

 

それでは

f:id:mitsumamegamer:20190528204556j:plain


 

 

どんなゲームなの?

 

ズバリ一言でいえば、アクション忍者ゲーム

さらわれた霧姫を救い出すために、ニンジャの『影』は立ち上がります。たった一人で敵の本拠地たる城に乗り込んでいくのです!

 

f:id:mitsumamegamer:20190601061451j:plain

そういえば、お姫様を助け出す忍者といえば、同じファミコンソフト『忍者じゃじゃ丸くん』がありました。ただし、『忍者じゃじゃ丸くん』は、忍者VS妖怪。こちらは忍者VS忍者。まさに忍者ゲームの本道かもしれません。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190601073920p:plain

スタート画面をポチっと

 

f:id:mitsumamegamer:20190601074020p:plain

ゲーム冒頭、森の中をお姫様(霧姫)が・・・

その背後には怪しげな敵忍者が飛んできます。

志村・・・じゃなかった。霧姫、後ろ! 後ろ!

 

f:id:mitsumamegamer:20190601074147p:plain

アーレー?あっけなくさらわれてしまいます。

 

f:id:mitsumamegamer:20190601074225p:plain

そして、遅れて主人公の忍者『影』が登場!

カセットのイラストとは打って変わって、顔が見えません。パッと見、ポニーテールの女の子と見間違いそうなキャラですにゃ。

 

f:id:mitsumamegamer:20190601074447p:plain

『影の伝説』をプレイしてみると、主人公『影』の半端ないジャンプ力に驚かされます。高い木でもジャンプ1本で平気へ上がれたり・・・ジャンプの楽しみに目覚めてしまいそう。

 

f:id:mitsumamegamer:20190601074727p:plain

もちろん、敵の忍者たちのジャンプ力もスゴイ。画面、青忍者なんてかなりの高さを平気で飛んでます。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190526122908j:plain

まさに忍者同士の手に汗握る、空中戦が繰り広げられるの?

しかしです。

そう思いきや、違いました。

むしろ、ジャンプは危険。何故なら、空中に飛んでいる間は、左右に動くことができない。空中に2回目のジャンプをする、いわゆる『二段ジャンプ』も不可能。敵が放った手裏剣や炎のエジキになりやすいのです。

 

 

格闘ゲームの『ストリートファイターⅡ』などでも、ジャンプ中はガード態勢が取れないため、むやみやたらにジャンプする事は危険!でしたが、『影の伝説』も全く同じだなんて~。

 

f:id:mitsumamegamer:20190601075456p:plain

ジャンプは慎重に・・・ね!

 

 

せっかくの自慢のジャンプ力は生かせず、それでもとにかく霧姫の元へ!

忍者黒たまは、ステージを駆け抜けていきます。

 

 

実は、『影の伝説』はステージ毎にクリア条件が異なってきます。

 

f:id:mitsumamegamer:20190601080033p:plain

ステージ1は、赤色の『妖坊』を倒す。って、忍者黒たまサン、返り討ちにあってるじゃーん。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190601080131p:plain

ステージ2は、青色忍者を10人倒す。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190601080224p:plain

ステージ3は、城の城壁を上へ、上へとジャンプしていく。途中、攻撃してくる敵ニンジャが出てきますが、特に迎撃しなくてもオッケー。倒すことにこだわると、手裏剣でグサッとやられてしまい、とにかく危険です。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190601080429p:plain

ステージ4は、いよいよ城内に侵入。まさに時代劇の『曲者じゃ、出会え!出会え~!』な感じ。しかし、ここでも、クリア条件は敵を倒すことではありません。霧姫は何処に~?

 

f:id:mitsumamegamer:20190601080620p:plain

霧姫、発見! しかも柱に括り付けられています。可哀そう。

と、とにかく助けなければ!

 

f:id:mitsumamegamer:20190601080747p:plain

その後は、自動的にゲームが進行。姫を連れ出し、天守閣の屋根をダッシュします。このシーンはけっこう格好いいですにゃ。

 

f:id:mitsumamegamer:20190601080843p:plain

そして、自慢の大ジャ~ンプ!

 

霧姫も一緒にジャンプしているの?

おそらくは『影』にすがりついているのでしょう。ファミコンのスペックでは、細かなディテールまで作りこむことは難しい。けれども、それが却って『霧姫のジャンプ、ハンパねぇ!』との反響を呼んだりして、オモシロイのです。

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190601081221p:plain

無事に城から脱出できたものの、たどり着いた先は森の中?

ワガハイ、なんか嫌な予感がします。ホラ、後ろ!後ろ~!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190601081421p:plain

再び、姫はさらわれて、また同じことを繰り返すループ?

と思いきや、違いました。此処で1週目のラスボス(『妖坊』)とのバトルが始まるのです。『スパルタンX』などでは、ラスボスを倒した後に、ヒロインを救出したのですが、どうやら『影の伝説』は順序が逆。なんとも不思議な展開にゃ。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190601081732p:plain

そして、『妖坊』を倒せば、今度こそ2週目(紅葉の章)へと進みます。ちなみに1週目は『青葉の章』らしいのですが、単にステージの色彩が変わっただけ。それでも、なんか秋らしい雰囲気になりました。
 

 

最初、ワガハイは『影の伝説』を甘くみていました。すんなりクリアできるものと思っていたのです。けれども、予想外に苦戦を強いられることになりました。その大きな原因に、一撃アウトがあります。敵忍者の放つ手裏剣や、妖坊の炎攻撃を一回でも受ければ、ミス。貴重な1機を失うのです。同じ忍者モノである『朧村正』は体力ゲージ制、攻撃を受けても、一発アウトはありません。しかも、アイテムを使えば失った体力が取り戻せる・・・なんともプレイヤーに親切なゲームなのです。

 

 

おそらく実際にプレイをするならば、『朧村正』の方が簡単であり、ストレスもかからない。その後、一撃アウトの『影の伝説』をプレイすれば、難易度の高さを身に染みて感じます。

 

 

しかし、しかしです。

これはあくまで忍者をモチーフにしたゲーム。

映画や、漫画、アニメなどで観る忍者の闘いとは、ヒシヒシとした緊張感に包まれたモノ。放った手裏剣一発で決着がついてしまうほどに、呆気なく、それでいてシビアな性格なのです。

 

 

すると、体力ゲージ制の『朧村正』よりも『影の伝説』の方が、よりリアルな忍者の闘いを再現しようとしたのかもしれません。主人公といえども、油断をすれば、一撃でやられてしまう。そんなピリピリした緊張感の中、剣林弾雨をかいくぐり、たった独りで姫の救出に向かう・・・

 

 

それこそが、真のヒーロー。忍者なのです!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190601083633p:plain

 ちなみにゲームスタート画面をしばらく放置していると、デモ画面に切り替わります。その中に『CAST』と記された画面が!

 

『YUKINOSUKE KIRI』?

 『YoSHIRo YUKIGUSA』?

 

見知らぬ名前があることに気付きました。どうやら1週目では登場してこない敵キャラみたい。ならば、ぜひとも見てみたい~、ガチ勝負を挑んでみたい! と思うのだけど・・・『影の伝説』は手裏剣一発でアウトのシビアな世界。

 

f:id:mitsumamegamer:20190601084101p:plain

ぐふっ!またやられたにゃー。

彼らに会うには、まだまだ鍛錬が必要みたいだにゃ。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190601084223p:plain

憂さ晴らしにと、見つけた巻物をゲットしてとっておきの忍術を使えば・・・バタバタと木の上から忍者たちが落ちてきます。スコアを稼ぐ、絶好のチャンス!だけど、忍術を使っている時のBGMがなんとも不気味であまり爽快感はありませんでした。

 

f:id:mitsumamegamer:20190525193210j:plain

 

植木鉢やパトカー、出現してもオッケーですか?ファミコンソフト『アーバンチャンピオン』 レビューの巻

数百を超える未プレイゲームソフトが積み上げられてできた、恐るべきタワーがあった。

 

f:id:mitsumamegamer:20190528204442j:plain

 

その名を《積みゲータワー》!

決して攻略サイトは参照しまいと心に誓いながら、それでもチラ見してしまう自分を誤魔化し、今宵も長ったらしいレビューは繰り返される・・・。

 

 

という訳で始まりました〜《積みゲータワー攻略日記》

今回チャレンジしてみるソフトは・・・コレ!

 

 

《アーバンチャンピオン URBAN CHAMPION

 

発売年:1984

ジャンル: ゲーム

フォーマット:ファミコン

発売元:任天堂

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190528204311j:plain

 

35年も前になるファミコンカセットです。残念ながら、外箱と説明書は残っていませんが・・・って、ファミコンカセットを持っているのは誰にゃ? まさかワガハイを差し置いて、《積みゲータワー攻略日記》に新キャラ出現? と、とにかくです。プレイしてみようと思います。

 

 

それでは

 

f:id:mitsumamegamer:20190528204556j:plain

 

 

どんなゲームなの?

 

ズバリ一言でいえば、殴り合いの喧嘩ゲーム?

夜の街を舞台に、二人の男たちが11でガチの殴り合いをします。いわゆるストリートファイトってヤツですにゃ。対戦相手を倒したら、また別の相手とファイト。連勝を重ねてストリートファイトの『チャンピオン』を目指します。

 

f:id:mitsumamegamer:20190528204855p:plain

1コン、2コンを使ってプレイヤー同士、対戦もできますが、今回は1人でコンピューターとファイトしてみます。

 

f:id:mitsumamegamer:20190528205037p:plain

左側の青い髪をしているキャラが、ワガハイの操作キャラです。二人とも、色が違う以外はそっくり、まるで双子ですにゃ。

 

操作方法はとてもシンプル

Aボタンが弱パンチ

Bボタンが強パンチ

十字キーの上下ボタンを押せば、上パンチ、下パンチと使い分けることができます。

 

ABボタンと上下キーボタンの組み合わせで、基本的に4種類しかありません。

 

 

更に防御方法は、十字キーの上下ボタンでガード。左ボタンで後方に身体をそらす(スウェーバック)が可能です。

 

ストリートファイトですが、攻撃方法はパンチだけ。キックや、ナイフ攻撃などは一切無し。場外ボクシングな感じの格闘ゲーム。

 

f:id:mitsumamegamer:20190528210004p:plain

とにかく相手を殴り、後方へ後方へと追い込んでいきます。最後に相手をマンホールの穴に落とせば勝利です。

 

f:id:mitsumamegamer:20190528210046p:plain

すると、建物2階から女性が紙吹雪をまいて祝福してくれるのです!

この後は、新たな相手と殴り合いをします。とにかく倒して倒して倒しまくる。遠い先にあるストリートファイトのチャンピオンを目指します。

 

 

しかしです。

プレイをしていれば、段々と判ってきます。

f:id:mitsumamegamer:20190526122908j:plain

なんだか単調だにゃ~。

そうなのです。繰り出すのは、強弱パンチと上下パンチの組み合わせだけ。同じジャンルの対戦格闘ゲーム『ストリートファイターⅡ』の様にキャラ独自の必殺技もなければ、対戦相手のキャラも同じデザイン。ゲームプレイに慣れてくることには、飽きも来てしまいそうです。『チャンピオン』になることを目指すのは、或る意味苦行なのです。

 

 

ちなみに『アーバンチャンピオン』が発売された1984年には、『マッピー』『ゼビウス』『ナッツ&ミルク』『クルクルランド』などが登場しています。それらのソフトと比べても、『アーバンチャンピオン』は正直、面白みを欠けると感じてしまうのは、この単調さにあるのでしょう。

 

 

 

しかし、それでも『アーバンチャンピオン』は単調さを弱めようと、アクセント要素を付加していました。それは・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20190528210757p:plain

勝負の最中に、建物2階からオジサンが植木鉢を落としてくるのです。真夜中に外で喧嘩をしていれば、うるさくて眠れないでしょう。植木鉢も落としたくはなります。

f:id:mitsumamegamer:20190528211024p:plain

植木鉢が頭に直撃すれば、放心状態に! 一定時間、攻撃も防御もできなくなります。

 

f:id:mitsumamegamer:20190528211208p:plain

更に時々、パトカーの見回りもやってきます。すると、勝負は一時おあずけ状態に!自動的にお互い離れて、すっとぼけた行動をとるのです。相手を追い詰めている時にパトカーに来られると、これまた悔しい~。

 

f:id:mitsumamegamer:20190528211535p:plain

おまけにプレイヤー側が負けてゲームオーバーになれば、なんと2階から女性がコンピュータキャラを祝福するのです。ええ? 今までワガハイだけを応援してくれていたと思っていたのに・・・実は彼女はどちらを応援する訳ではない。基本、勝った方に祝福を送るクールな女性でした。

 

 

こんな感じで、『アーバンチャンピオン』はファミコン初の対戦型格闘ゲームでありながら、①植木鉢が落ちてきたり、②パトカーが勝負を一時休戦させたりと第三者の介入イベントが含まれています。純粋な1対1のガチバトルではないのです!

 

 

なぜ? 植木鉢を? パトカーが?

 

おそらくはファイトを進めるに感じてくる、単調さを和らげる効果を狙ったモノだと考えられます。けれども、ワガハイは別な効果があると思いました。それは、これらの要素がとてもコミカル!ガチファイトなはずなのに・・・時折、コミカルさを挟んでくる。それがとてもおかしく、笑ってしまう。

 

 

『今、なんかゲームをやっているな~』と楽しさを感じたのです。しかし、真剣な対戦格闘ゲームにコミカルさを挟んでくる、この種のゲームは主流にはなりません。その後、あまり出てくることはありませんでした。

 

f:id:mitsumamegamer:20190528213210p:plain

大ヒットした『ストリートファイターⅡ』などは、正真正銘の二人だけのガチ勝負。第三者の邪魔や介入は一切ありません。勝敗の行方に、ランダム的な偶然要素を排したのです。

 

 

なぜ、第三者の介入要素は無くなってしまったの?

 

 

対戦格闘ゲームを楽しむプレイヤーにとっては、自分が勝ち取る勝利は筋の通った確たるモノでなければ満足しない。第三者の介入などによる偶然の要素で勝っても嬉しくは無い。満足しなかったからかもしれません。

 

 

結局、『アーバンチャンピオン』はゲームの単調さを和らげようと、植木鉢やパトカーなどの第三者的介入要素を加えました。しかしです。それは却ってガチ勝負を邪魔する結果になってしまった・・・単調さを和らげようとするならば、やはりキャラデザインや攻撃方法などのバリエーションを富ませる。その方向での工夫が必要だったのです。

 

f:id:mitsumamegamer:20190525193210j:plain

ビー玉を使って遊ぶソリティアゲーム。『ペグソリティア(ボールソリティア)』レビューの巻

みなさん、ゲーム大好きですか?

システムオールグリーン!

猫な、ヌイグルミゲーマー。「黒たま」ですにゃん。

 

 

先日、部屋の掃除をしていたら、摩訶不思議なモノがひょっこり出てきました。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190526122824j:plain

コレです。

①お盆に似ている木製の円形台と②たくさんのビー玉

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190526122908j:plain

 コレはなんだにゃ?

けれども、初めて見た気がしません。昔、コレで遊んだような・・・この円形台とビー玉はセットだった様な~。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190526114019j:plain

とりあえず適当に穴にはめ込んでみよっと。

アレ? これって白、赤、黄色、青、緑とカラフルだけど、色ごとの数がバラバラです。赤色なんて3個しかないじゃーん!

 

  

ゲームとしては、どうにもアンバランスなので、占いの道具だったり?

とにかくインターネットで『ビー玉、ゲーム、円形台』とかで検索してみました。

 

 

ふむふむ、コレは『ペグソリティア』

やっぱりゲームの様ですにゃ。『ソリティア』は度々耳にするけど、『ペグ』って何?

 

 

イギリスやフランスで遊ばれている、古くからある一人用のゲーム。ある一定の法則で盤上にあるビー玉を動かしては、次々に他のビー玉を外へ取り除いていきます。途中、詰まずにラスト1個まで減らせればゲーム成功!みたいです。ちなみに『ペグ』は『杭』の意味。元々はボールではなく、『杭』を動かしていたのでしょう。ボールを用いれば正確には『ボールソリティア』と呼ばれます。

 

 

その操作方法も至ってシンプル。

早速、ワガハイもプレイしてみました。

 

f:id:mitsumamegamer:20190526123621j:plain

①ゲームスタート!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190526123645j:plain

②基本、ビー玉を他の空いている穴に動かしていくゲームです。

しかし、縦横ビー玉1個分しか飛び越えることができません。

ゲーム開始時は、中央の穴しか開いていないので、赤いビー玉を左へ移動させてみます。

 

f:id:mitsumamegamer:20190526123912j:plain

③赤いビー玉はちょうど中央の穴に移動しました。すると、赤いビー玉に飛び越えられた青いビー玉が退場になります。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190526124034j:plain

④ポーい!と外側にある溝の部分へ!

なるほどなるほど、この外の円形枠は退場したビー玉を置く場所だったんですにゃ

 

f:id:mitsumamegamer:20190526124222p:plain

⑤今度は、別の青いビー玉を上に移動させてみます。

 

f:id:mitsumamegamer:20190526124336j:plain

⑥青いビー玉に飛び越えられた白いビー玉は、退場になります!あとは同じ操作を繰り返して、次々とビー玉を外へ取り除いていくだけ。

※しかし、ビー玉は隣り合っている1個分しか飛び越えることができません。しかも斜め移動はNGですにゃ。

 

f:id:mitsumamegamer:20190526124618j:plain

⑦取ったるにゃー!どんどんビー玉を飛び越しては、退場させていきます。なかなかいい感じ!

 

f:id:mitsumamegamer:20190526124720j:plain

⑧ところが気づけば、もう隣り合うビー玉がなくなってしまった為、これ以上は進められません。いわゆる『詰み』ゲームオーバーです。残りあと1個だったのに~。

 

f:id:mitsumamegamer:20190526124915j:plain

⑨しかし、初めてで残り2個とは、ワガハイなかなかゲームセンスあるかも!

すぐに第2ゲームをスタートにゃ!

 

f:id:mitsumamegamer:20190526125022j:plain

⑩ところがでした。たった6個取り除いただけで、気付けばもう『オマエはもう詰んでいる』?動かせるビー玉がありません~。

 

f:id:mitsumamegamer:20190526125150j:plain

⑪気を取り直して、第3ゲームへ!

 今度はスイスイ進みましたが、残り3個で詰んでゲームオーバーでした。

 

 

操作はシンプルです。ボールを取り除いていく動作は、チェスに似ている感じがします。けれども、ゲーム自体は攻略のしがいがありそう。この『ペグソリティア』は『一人で遊ぶ』ゲームであり、しかもトランプゲームのようなどんなカードが手元にくるのか分からない、いわゆる『ランダム要素』は含まれていません。

 

 

その為、ラスト1個を中央に残してクリアする手順は、見つけようと思えば見つけることができます。必勝法のあるゲームなのです。『ペグソリティア』をプログラミングしたAIに攻略手順を探させれば、ニンゲンよりも速く回答が導ける。そして、AIに頼らずとも、ネット検索すればたちまち先人たちが残した攻略法を目にすることだって可能なはず!

 

しかしです。

 

f:id:mitsumamegamer:20190526125917j:plain

それじゃ、全然つまらないにゃーん!

 

自分自身でプレイしながら、コツを覚え、上達していく。

残りのビー玉が2個から1個へ減らすことができた!

更に中央に1個残せるように、と更なる試行錯誤を繰り返す。

果たして、その手順は1通りだけなのか?数パターン存在するのか?

などなど頭を巡らすこと自体が、この『ペグソリティア』ゲームの醍醐味なのだとワガハイは考えます。

 

 

しかも、短時間で1ゲームできるので、気軽にプレイができます。毎日の頭の体操にもなります。詰んだ数が多かった日などは、もしかして他の事が気になってゲームに集中できていない? 何処か調子が悪いのか? などと自分の精神状態を図るバロメーターにもなりうるのです。

 

f:id:mitsumamegamer:20190526114019j:plain

さらに見た目がなんともオシャレ。インテリアとしての見栄えはアリ!

お客さんが来た際にも、『アレ何?』と訊かれたら、『ああ、それはペグソリティアにゃ』とさりげなくインテリ要素をアピールできたりします。

※決して『ビー玉が乗っかっている変なお盆なんだけど、使い方がよく分からないんだよね~』などとは云わないでクダサイ。

 

 

ワガハイは いつもテレビゲームばかりプレイしているので、『ペグソリティア』はとっても新鮮に思えたにゃ。

f:id:mitsumamegamer:20190525193210j:plain

 

フリマへGO!翔びたて、100円パソコン!100円ポッキリで旧式パソコンは再生できるの?(後編)

みなさん、フリマ大好きですか?

システムオールグリーン!

猫な、ヌイグルミフリマー。「黒たま」ですにゃん。

 

前回、前々回のブログ記事の続きになりますが、フリマで見つけた旧式パソコンを格安の¥100円でゲットした吾輩。汚れまみれの本体をゴシゴシとふき取り、ようやくチェック出来る様になりました。これまでの話は下記の記事でチェックしてくださいにゃ。

 

www.kurotama3.work

 

 

www.kurotama3.work

 

 

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190525184210j:plain

 主役のパソコンはコレ

メビウス PC-WA70L

2006年シャープから発売

Windous XP対応

 

CPU:AMDモバイルSempron 30001.8GHz 1コア

メモリ:DDR PC2700

重さ:約2.8kg(けっこう重いにゃ)

 

 

チェックも意外と順調です。

f:id:mitsumamegamer:20190525184317j:plain

リナックスOS(Kona Linux4.0 Black 32bit版)もインストールできて、次はいよいよインターネットに繋げようかと、有線LANケーブルをメビウスパソコンの接続端子に取り付けた時のことでした。

 

f:id:mitsumamegamer:20190525054820j:plain

あ、アレ?

 

f:id:mitsumamegamer:20190525184505j:plain

ネットにつながった感じがしません。恐る恐るチェックしてみれば・・・

「ネットワーク接続がありません」

つまりは、ネットにつながっていない状態なのです!

 

 

Kona Linux4にはLAN用ドライバもインストールされているはずだし、LANケーブルもいつも使っているモノだし、原因は?

どうやらパソコン本体のハードにありそう。メビウスパソコンのLANケーブル端子を接続する部分が故障、不具合を起こしているのでしょう。もういくら何度も、LANケーブルを差し治しても、ダメダメダメ!無駄無駄無駄な感じデス。

 

 

困ったにゃ~!

その時でした。

f:id:mitsumamegamer:20190525183930p:plain

 黒たまサン、僕らを忘れていないかい?

 

f:id:mitsumamegamer:20190521085601j:plain

キ、キミたちは! (もしかして、ゴン〇君?)

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190525185053j:plain

手前のUSBは、USB型無線LAN装置

奥の右手の白い奴が、無線LANのPCカード

真ん中が有線LANのPCカード

左手が、無線LANのPCカード

 

 

家のパソコン関係の道具箱に眠っていたモノたちでした。すっかり忘れていたにゃー。

これらを使えば、このメビウスパソコンでもネット接続ができるかもしれない!

希望が見えてきました。

 

 

さあ、どれから試そうかな~?

結局、ワガハイが選んだのはコレ!

 

f:id:mitsumamegamer:20190525185558j:plain

有線LAN対応型のPCカードです。

 

f:id:mitsumamegamer:20190525190851j:plain

なぜか?

有線LANが壊れているので、やっぱり有線LANを使える様にしたいのです。無線LANも便利だけど・・・

 

f:id:mitsumamegamer:20190525185849j:plain

さっそくトライ。メビウスパソコンのPCカード入れはココにあります。って、有線LAN接続部分の隣じゃーん。

 

f:id:mitsumamegamer:20190525190026j:plain

収納されていたカバーを取り出して

 

f:id:mitsumamegamer:20190525190122j:plain

 差し込みます。

 

f:id:mitsumamegamer:20190525190955j:plain

カチャッと

 

f:id:mitsumamegamer:20190525191053j:plain

恐る恐る有線LANケーブルをつないでみます。ちなみにこの有線LAN対応PCカードは、ずいぶん昔に格安で手に入れたジャンクモノ。ちゃんと使えるかどうかワカリマセン。ドキドキです。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190525191446j:plain

あ!光った!

システムオールグリーン?

なんか良さそうな感じ?

 

f:id:mitsumamegamer:20190525191545j:plain

パソコン画面には「active」と!

ネットがつながったみたい。

 

f:id:mitsumamegamer:20190525191727j:plain

実際にブラウザソフトを起動してみます。
何を見てみようかな~

 

f:id:mitsumamegamer:20190525191830j:plain

ワガハイの『積みゲータワー攻略日記』のブログ、観れます。感動です。

 

さらにCPUの性能もチェックしたいので、Youtubeも試験閲覧してみますにゃ

f:id:mitsumamegamer:20190525192107j:plain

始まるまでにチョット時間がかかったけど、それでも楽曲とムービーがずれたりはしていません。普通に観れます。やったね

 

 

無事にネットにつなぐことができて、ホクホクのワガハイでしたが、新たな別の不具合に気づいてしまいました。それは・・・

キーボードの効かないキーがある!

 

f:id:mitsumamegamer:20190525192353j:plain

試しに文書作成ソフトでキーボードの並び順に一文字づつ打ち込んでいくと・・・

■の部分が押しても反応しなかったキーです。って、けっこうな数があるじゃーん!

 

 

まさかキーボードまで不具合があるなんて・・・

コレってどうやって直すの? とりあえず応急処置!

 

f:id:mitsumamegamer:20190525192621j:plain

USBキーボードを取り付けてみました。

 

ふーやれやれ、けっこう不具合、故障個所があったノートパソコンでした。それでも、実用性はありそうです。どうにか、本体代金の100円ポッキリで旧式メビウスパソコンは再生することができました~!

 

 

ちょっとした達成感を抱きながら、パソコンをログアウト。

その時でした!

終了間際のOSに異変が!

 

f:id:mitsumamegamer:20190525192954j:plain

ぎゃー!なんだこの画面の色は~!

まるで『ウル〇ラQ』みたい?

なんともホラーチックです。このまま無事にシャットダウンできて、次の起動もオーケーだけど、終わる時はいつもこんな感じ・・・

 

それでも不思議です。このメビウスパソコンなんか愛着が沸いてきましたにゃ。

f:id:mitsumamegamer:20190525193210j:plain

 

フリマへGO!翔びたて、100円パソコン!100円ポッキリで旧式パソコンは再生できるの?(中編)

みなさん、フリマ大好きですか?

システムオールグリーン!

猫な、ヌイグルミゲーマー。「黒たま」ですにゃん。

 

 

前回のブログ記事の続き、フリマで見つけた旧式パソコンを格安の¥100円でゲットした吾輩。汚れまみれの本体をゴシゴシとふき取り、ようやくチェック出来る様になりました。

www.kurotama3.work

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190525051020j:plain

メビウス PC-WA70L

2006年シャープ製

Windous XP対応

 

CPU:AMDモバイルSempron 30001.8GHz 1コア

メモリ:DDR PC2700

重さ:約2.8kg(けっこう重いにゃ)

 

 

いよいよスイッチオンしようとした時、やっと気づきました。

本体と一緒に、アダプターが必要なんだけど・・・

しか~し、残念ながらウチにはシャープメビウス用のアダプターが無いにゃ!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190521090008j:plain

これでは電源オンできないにゃー。

 

中古のアダプターを買ってくれば簡単なのですが、今回は¥100円ポッキリ(パソコン代のみ)でこのパソコンを再生できるかにチャレンジしているので、新たな出費はNGです。そこで代用できるアダプターが無いか? 探してみることにしました。

 

 

先ずはメビウス本体をひっくり返して、電源に関する情報をチェック!

あ、あった。あった。

 

f:id:mitsumamegamer:20190525051137j:plain

定格電源 DC 19V

最大定格電流 3.16A

 

Aアンペアについては、3.16A以上流せるアダプターならば、とりあえずO.Kですが、

19Vについてはピッタリ合わせなければなりません。異なるV数のアダプタなどを使えば、やもすればパソコン自体が故障してしまいます。

 

 

19Vや~い!

押入れをガサゴソ漁っていたら、19Vらしきアダプタを発見!

 

f:id:mitsumamegamer:20190525051302j:plain

コレです。

 

f:id:mitsumamegamer:20190525051329j:plain

V数は19でピッタリ!

一方のA数は3.95Aなので、アダプターの方が数値が高い。使えそう。

けれども、肝心の端子が上手く合うかどうか……合わなかったら、変換DCジャックを使うしかなさそうだけど……

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190525051431j:plain

DCジャックとは、コレのことですにゃ。これだけじゃ心細い?

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190525051451j:plain

じゃじゃーん。実はもっとあったりして。対応する専用アダプタが無い時はとても便利ですにゃ。

 

 

 ところがです。どうやら変換DCジャックを使わなくても、そのまま差し込みできそうな感じにゃ。

f:id:mitsumamegamer:20190525051633j:plain

 サイズ合ってる?

 

f:id:mitsumamegamer:20190525051745j:plain

あ、ピッタリにゃー!

NEC製のアダプターは、そのままシャープメビウスにも適応しているみたい。ヨカッタ、ヨカッタ。

 

そして、コンセントに繋いでみたら・・・

f:id:mitsumamegamer:20190525051948j:plain

おお!ランプが光りはじめたにゃー!

赤色なのが、チョット不安だけど。

 

f:id:mitsumamegamer:20190525052053j:plain

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190525052121j:plain

いよいよ電源ボタンをポチっと押してみます。ええーい!

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190525052210j:plain

無事にBIOS画面が表示されました~。

 

そうしたら早速、OSを入れてみたいと思います。その前にHDDを装着しなければ・・・

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190525052430j:plain

ところがです。HDDを入れる場所のカバーが! ネジが腐食していて回らんとですよ。そこで仕方なく、ワガハイは強硬策に打って出ることに!ネジの廻りを削っていってどうにかネジを取り出すことに成功しました。

 

f:id:mitsumamegamer:20190525052732j:plain

マウントしか入っていない。カラッポでした。しかも、HDDの種類はSATAではないみたい。旧式タイプのHDDですにゃ。

 

f:id:mitsumamegamer:20190525052933j:plain

ラッキーにも、対応可能なHDDを持っていたので、コレが使えそう。

 

f:id:mitsumamegamer:20190525053015j:plain

でも、よく見れば、ワガハイのHDD、先が少し曲がってる?

 

f:id:mitsumamegamer:20190525053110j:plain

ええ~い! ままよ!

それでも半ば強引に押し込んでしまいます。

 

更に

f:id:mitsumamegamer:20190525054105j:plain

こちらの気になるカバーも外してしまいます。所々、ネジがサビてます。そっと、そっと外さなきゃ

 

f:id:mitsumamegamer:20190525054159j:plain

メモリやらCPUが入っています。このメビウスパソコンは部品が交換しやすい、親切な構造になっているのですね。

 

f:id:mitsumamegamer:20190525054342j:plain

メモリは、PC2700の512MBが1本だけ

チョット心細いので、増設したいけど・・・PC2700のメモリはウチにあったかな?

 

f:id:mitsumamegamer:20190525054516j:plain

ラッキーなことに256MBが一本ありました。コレ使えそうにゃ

 

f:id:mitsumamegamer:20190525054603j:plain

ということで2本に増設~!

異なるメーカーのメモリで相性とか気になるけど・・・

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190525061009j:plain

BIOS画面をチェックしたら、512MB+256MB=768MB ちゃんと認識してくれてます。GOGO!

 

さて、今回インストールしてみたOSは、

f:id:mitsumamegamer:20190525053316j:plain

Kona Linux4

XP時代のノートパソコンでも十分動いてくれるOSです。低スペック対応のOSこそ、真に優れたOSなのではないかと、ワガハイは思います。

 

 

しか~し

f:id:mitsumamegamer:20190525053706j:plain

四隅がなんか・・・OS起動時の画面がなんか変じゃね?

たぶんメビウス側に問題あるのだと思うけど・・・不安になってきましたにゃ。

 

f:id:mitsumamegamer:20190525053842j:plain

それでも、立ち上がれば大丈夫みたいにゃ。ホッ・・・

 

フリマで¥100円でゲットした、このメビウス。意外や意外、ちゃんと使えそうなんじゃないの?

そう思った矢先でした。ネットにつないでみようと、

f:id:mitsumamegamer:20190525054820j:plain

有線LANをつないでみても、うんともすんとも

全然反応してくれない!

そ、そんな事は!

 

有線LANがダメになってる?

この時になって、ワガハイはフリマのお店のおじさんの言葉を思い出しました。

 

f:id:mitsumamegamer:20190525060126j:plain

 『壊れているから、100円でいいよ』

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190521085601j:plain

まさか、壊れているって、この有線LANのことなんでは!

ピンチ再来です。

どうする黒たまサン?

 

f:id:mitsumamegamer:20190525055757j:plain

フリマでゲットした¥100パソコンは、やっぱりジャンクだった?

ネットにつなぐことができず、途方に暮れる黒たまサンに頼れる助っ人たちが現れる!

 

次回、100円ポッキリで旧式パソコンは再生できるの?(後編)

フリマへGO! 翔びたて、100円パソコン!100円ポッキリで旧式パソコンは再生できるの?(前編)

みなさん、フリマ大好きですか?

システムオールグリーン!

猫な、ヌイグルミゲーマー。「黒たま」ですにゃん。

 

 

先日、またまた地元の屋外フリマ(フリーマーケット)へ足を運んでみました。すっかりフリマ探索が趣味になってしまったワガハイです。

フリマは朝から開始されます。掘り出しモノを見つけたいならば、朝イチで出かけるのがオススメ!おかげで土日でも早起きの習慣が身についてしまいましたにゃ。

 

 

フンフン、何かあるかにゃ〜。

いつもより店舗数が少ない為か、気になるモノがなかなか見つかりません。

ところが、目に飛び込んできたのは、1台のノートパソコン!

 

f:id:mitsumamegamer:20190521085211p:plain

 

フリマでパソコン本体に出会えるのは、けっこう珍しいのです。

恐る恐る手にとってみます。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190325153533j:plain

(うわあ!かなり汚いにゃー!)

油? カビ? サビ? 本体まるごと汚れまみれ・・・

値札は何処?

ありませんにゃ。

 

 

フリマに出品されているモノに値札無しはけっこう多いのです。そこでワガハイはお店のヒトに値段を聞いてみました。

 

 

『コレ、いくらにゃ?』

『壊れているから、100円でいいよ』

 

f:id:mitsumamegamer:20190521085601j:plain

100円!

 

安っ! 安いです!

でも、まあ壊れている話のようだけど、何処が壊れているの?

XPのシールが貼ってあるので、とてつもなく古い代物でもないみたいだし・・・

 

 

そして、何よりも¥100円という値段がインパクトあります。

もしも壊れていたら?

部品取りにする?

でも、XPパソコンから取れる部品といっても、あまり期待できません。

それでも・・・

 

『くださいにゃー!』

 

思い切って買ってみることにしました。

果たして、ごみになってしまうのか?

それとも、フェニックスの如く、再び生まれ変われるのか?

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190312211324p:plain

負けられない戦いが・・・また始まったにゃ。

 

家に帰るや、ふと思いました。果たして、¥100円でパソコンは手に入るの?素朴な疑問です。さっそく『100円 パソコン』とワードを打ち、検索してみます。

すると・・・出てくる。出て来る〜。

え、こんなに?と驚くほどに出てきました。

 

 

しかし、よく見てみると・・・話がチョット違うみたい。

『ジャ〇〇ット』

 

これはおそらく注意事項には記載されていると思いますが、あくまで初期経費が¥100円で済むだけのお話。その後分割でパソコン本体相当代金を払う必要になる。途中で解約すれば、違約金の名目で未払い分相当額を払う羽目に・・・つまり¥100円ポッキリでパソコンが買える訳ではないのです。

 

 

¥100円ポッキリでノートパソコンなんか買える訳無いでしょ!

そんなに世の中、甘く無いでしょ!

 

 

そんな厳しい声に対して、ワガハイはついつい反抗してしまいます。

 

f:id:mitsumamegamer:20190521085722j:plain

ふっふっふ。果たして、そうかな?

 

 

新品でなくても・・・

フリマでゲットした、汚れまみれの中古旧式パソコンだとしても・・・

コレがまともに動く、ネットもできるのならば・・・

 

¥100円ポッキリでノートパソコンが買えたことになる?

 

 

もちろん、再生作業の途中で、新たに部品が必要になって予算が加算されてしまったら、実質¥100円ではなくなってしまいます。そこで、ノートパソコン本体の¥100円の他には1円もお金をかけることなく、ちゃんとリフレッシュできるのか?

 

そこをチャレンジしてみたいと思います。

 

 

題して、

《翔びたて、100円パソコン!100円ポッキリで旧式パソコンは再生できるの?》

 

 

改めて、今回ゲットしてきたノートパソコンを紹介しますにゃ

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190521085804j:plain

30分かけてゴシゴシと台所用洗剤で拭いたら、すっかりキレイになりました。

 

f:id:mitsumamegamer:20190521085837j:plain

メーカーはシャープですね

 

f:id:mitsumamegamer:20190521085918j:plain

メビウス PC-WA70L

2006年発売

Windous XP対応

 

CPU:AMDモバイルSempron 30001.8GHz 1コア

メモリ:DDR PC2700

重さ:約2.8kg

 

 

まずはACアダプタを付けて、電源オンしてみまーす!

お店のヒト曰く『壊れている』と言っていたけど・・・通電すらしなかったりして!

しかも、この時になって気が付きます。

 

 

f:id:mitsumamegamer:20190521090008j:plain

そうだった。ワガハイ、メビウス用のACアダプタ持っていないにゃん。

¥100円ポッキリで再生させると意気込んでいながら、早速ピンチです!どうなる黒たまサン?

 

次回に続く。